人を乗せる。荷物を載せる。それぞれのシーンに的確に応える。
ラゲージスペース(セカンドシートタンブル+サードシートスペースアップ状態)

大きな荷物もしっかり収納できる広さを確保。
ラゲージスペース(セカンドシートタンブル+サードシートスペースアップ状態)

セカンドシートを折りたたみ、サードシートを跳ね上げれば、広々としたラゲージスペースが得られます。

[除くGX]
■すべての数値はトヨタ測定値であり、シート形状および測定箇所により異なります。
■作動時は、周囲の安全をご確認ください。
■スペースアップ状態にした場合、シートクッションの裏に備え付けてあるシートフックカバーを外して、フロアのシートフックに取り付けてください。
■スペースアップシートの操作方法について、ご注意いただきたい項目があります。必ず取扱説明書をご覧ください。
セカンドシートタンブル機構&スライド機構

セカンドシートタンブル機構&スライド機構
 

セカンドシートは、ワンアクションで簡単に折りたたみが可能。セカンドシートも90mmのスライド量を確保しています。
シートベンチレーション(送風タイプ)
フロントシートの背もたれと座面から爽やかな風が吹き出るシートベンチレーション機能を搭載。夏の暑い日にも、シートと密着している背中や足腰の蒸れを防ぎます。また、エアコン、シートヒーターと連動するオートモードを採用。常に快適なドライビングを楽しむことができます。

[ZXに標準装備]
ステアリングヒーター 

冷えやすい手にぬくもりを。
ステアリングヒーター

寒い日のドライビングでも、快適な操作ができるようステアリングヒーターを採用しました。スイッチONで本革部分を暖め、一定の温度に達した後は自動的にOFFとなります。

[ZX、AX“Gセレクション”に標準装備]
パワーシート(フロントシート) 

運転席、助手席どちらも最適なポジションに。
パワーシート(フロントシート)

前席には、乗る人の好みにあわせて快適な着座姿勢が得られるパワーシートを採用。さらにZXの運転席には、電動によるクッション長可変機構とメモリー機能を設けるなど、電動メモリー付チルト&テレスコピックステアリングとあわせて、ドライバーに最適なドライビング環境を提供します。

[ZX、AX“Gセレクション”に標準装備]
チルト&スライド電動ムーンルーフ(UVカット機能付プライバシーガラス)

頭上に広がる開放感。
チルト&スライド電動ムーンルーフ(UVカット機能付プライバシーガラス)

スイッチひとつで簡単に開閉できます。室内に爽やかな風と光を採り込めます。

[ZXに標準装備。AX“Gセレクション”、AX、GXにメーカーオプション]
スマートエントリー(全ドア)&スタートシステム

キーを取り出さずにドアを解錠&施錠。
スマートエントリー(全ドア)&スタートシステム

スマートキーをポケットやバッグの中に携帯し、ドアハンドルを軽く握るだけですべてのドアロックを解錠。ドアハンドルのセンサーに触れるだけですべてのドアを施錠でき、どのドアからでも解錠・施錠ができます。また、エンジンを始動する際も、キーを携帯し、ブレーキを踏みながらエンジンスイッチを押すだけでエンジンを始動できます。さらに、キーを持ったまま近づくとドアミラー照明*1が足元を照らす、おもてなし機能を設定しています。

*1 .ZX、AX“Gセレクション”のマルチテレインモニター装着車
⚠注意
植込み型心臓ペースメーカー等の機器をご使用の方は、電波によりそれらの機器に影響を及ぼすおそれがありますので、車両に搭載された発信機から約22cm以内に植込み型心臓ペースメーカー等の機器を近づけないようにしてください。電波発信を停止することもできます。
おくだけ充電

スマホなどを、置くだけで充電。
おくだけ充電

インパネセンターロアに設置した充電エリアに置くだけで充電が行えます。

[ZX、AX“Gセレクション”、AXにメーカーオプション]

■ご利用は、ワイヤレス充電の規格Qi(チー)に対応した一部の機器、もしくはQiに対応したアクセサリーを装着した機器などに限られます。対応の有無は各商品のメーカーにお問い合わせください。
■トレイ寸法(タテ約144mm、ヨコ約80mm)を超えるQi対応機器(アクセサリー類を含む)は、トレイに置くことができないため、充電はできません。
■機種によっては正常に作動しない場合やご注意いただきたい項目があります。ご使用になる前に必ず取扱説明書をご覧ください。
■「おくだけ充電」、「おくだけ充電」ロゴは、株式会社NTTドコモの登録商標です。

⚠注意
植込み型心臓ペースメーカー等の医療用電気機器を装着されている方は、おくだけ充電のご使用にあたっては医師とよくご相談ください。充電動作が医療用電気機器に影響を与えるおそれがあります。充電機能を停止することもできます。
傾斜センサー付オートアラーム センサーOFFスイッチ

車両の傾斜を検知してアラームが作動。
傾斜センサー付オートアラーム

施錠後にジャッキアップや車両の持ち上げなどが行われると、車両の傾斜を検知してオートアラームで警報を発するセキュリティシステムです。OFFスイッチで一時的にキャンセルできます。

[除くGX]

⚠注意
リフト式駐車場への入庫の際や車内にペットなどを残してクルマから離れる場合、センサーが働いて盗難予防警報が作動する場合があります。こうした場合には、事前に侵入センサー&傾斜センサーのスイッチをOFFにしてください。